2021年スマホでの副業は宅配代行がおすすめ!Uber Eatsのメリットや稼ぎ方のコツについて

NO IMAGE

スマホと最も相性の良い副業に、Uber Eatsの配達があります。副業として人気も高く、会社員をしながらスキマ時間を活用して配達をしている人も多いです。効率よく稼げるようになれば、本業に近いくらいの収入を得ることも不可能ではありません。今回は、副業をどれにするか迷っている人に向けて、Uber Eatsのメリットや稼ぎ方のコツについて紹介していきましょう。

Uber Eatsで副業するメリットとは

スキル不要

Uber Eatsをやるにあたり、資格やスキルは一切不要です。体力があり、そして交通ルールを守ることさえできれば、誰でも挑戦することができます。必要なものは自転車とスマホのみ。この2つさえあれば初期投資も必要なく、すぐに仕事を始めることができます。

スキマ時間を活用して稼げる

Uber Eatsには時間の制限やシフトはなく、スキマ時間を活用して好きなエリアで働くことができます。仕事をしたい時はスマホの配達専用アプリをオンにし、仕事をしたくないときはオフにするだけでOK。服装に制限もなく、サラリーマンの方は仕事終わりにスーツを着ながらでも仕事をすることができます。

運動不足の解消やダイエットに繋がる

便利な世の中になるにつれ、日本の人々は運動する機会から遠ざかっています。歩く量も減り、そうするとお腹にも脂肪がつきやすくなってしまいます。Uber Eatsで自転車で走り回ることで、自然と有酸素運動をすることができ、脂肪を減らせば生活習慣病の予防にもなるでしょう。運動不足を解消したい、そんな時はお金を稼ぎながら毎日の生活の中に運動を取り入れられるUber Eatsがおすすめです。

Uber Eatsで稼ぐコツは?

Uber Eatsで稼ぐためには、エリア決めが重要です。レストランが多かったり、人が多く住んでいたりするエリアでは、自然とUber Eatsを利用する人も増えてきます。注文が多いエリアで繰り返し配達することが、効率的に稼げるポイントです。他には、時間帯を気にすることが大切です。

ライバルが少なかったり、注文が多くなる時間帯に仕事を開始したりすることで、より多くの人にメニューを届けることができます。ランチタイム(11時~14時)の間や、ライバルが少なくなる深夜タイム(22時~22時)などは特に狙い目です。後は、道を覚えることも重要です。

道がわからなければ、何度もスマホで目的地を確認するため、非効率。エリア内の地理について勉強してから副業をすることで、他のライバルたちに差をつけることができます。